更新料は必要?

街に溢れる賃貸物件には、1年ごと、2年ごとに、更新がありますが、更新は法律が決めたものなのでしょうか?
賃貸物件を借りると、なぜか、セットのように付いてくるのが、共益費と更新手数料になります。
更新手数料は、節約しながら生活している者にとっては、大ピンチ!
なぜ、更新手数料を支払らわなければならないのでしょうか?
こんな声、聞いたことはありませんか?
更新料は、賃貸物件を借りた際、借主であるあなたから、貸主である大屋さんに支払う費用になります。
更新料は、賃貸物件の契約条件によって異なりますので、更新料が必要ない物件もあります。
因みに、更新料の額は契約により差がありますが、家賃1ヶ月分が相場のようです。
それから、その更新料とは別に、更新手数料が必要になる場合があります。
更新手数料とは、物件を管理している不動産会社に支払う費用になります。
どちらも、更新月に必要になりますので、気になる方は前もって確認しておくことをおすすめします。
では、その更新料の手続きに必要なものについて、説明します。
契約更新時に行う手続きの際、契約時に用意した印鑑が必要になる場合がありますので、用意しておきましょう。
もし、何らかの事情で同じ印鑑を用意できないときは、前もって問い合わせその旨を伝えておけば、大きな問題はないと思います。
但し、入居時にお願いした連帯保証人が変わる場合は、再度揃え提出しなければならない書類がありますので、あらかじめ、その旨を担当者に伝えておきましょう。

Copyright (C)2019 物件の選び方 All Rights Reserved.