チェックポイントは?

希望通りの気に入った部屋を見つけ、無事、契約にまで漕ぎつけたら、あとは、契約書を交わす前の契約条件についてチェックをするのみです。
契約書を交わしてしまえば、一方的な解約は認められません。
解約が認められても、何かしらの違約金が発生する場合がありますので、契約書を交わす前に、再度チェックされることをおすすめします。
では、チェックポイントについて、説明します。
まず、物件の契約期間と更新の有無についてですが、ほとんどの賃貸物件は、1年ごと、2年ごとに更新があり、更新月がくれば、その物件を管理している不動産会社、または大屋さんから、契約書が提示され、契約内容に納得したら、署名、押印をします。
因みに、更新時、物件によっては、更新手数料が必要になる場合があることを頭に入れておきましょう。
続いて、家賃以外に必要になる管理費、いわゆる共益費などの費用と、家賃などを滞納した場合について、です。
共益費の額と支払い方法、家賃や共益費を滞納した時のルールに関しては、必ず、確認しておきましょう。
人は、ストレスや生活環境の違いなどにより、健康を害することがあります。
ある程度のまとまった貯金があれば、何ら問題はないのですが、引越しに資金を使ったあとで病気になれば、それなりにお金が要ります。
家賃を延滞した場合、延滞金が必要になります。
万が一に備え、延滞した場合と延滞利率について確認しておくことをおすすめします。
契約内容は熟知してから交わすこと、が大切です。

Copyright (C)2019 物件の選び方 All Rights Reserved.