一人暮らしの注意点

一人暮らしを始めるとき、まず、考えるべき点は、毎月支払う家賃ではないでしょうか?
家賃は当たり前ですが、住み続ける限り、継続的に支払わなければなりません。
支払いを滞れば、その部屋に住む権利を失い、いくら気に入った部屋でも、管理会社が指定する日までに退去しなければなりません!
ですので、無理のない金額で借りられる物件を探すことが、一人暮らしを長く続けるコツでもあるのです。
また、賃貸物件によっては、家賃以外に経費がかかる場合がありますので、賃貸物件を探すときはその旨を考慮し、物件を探すことをおすすめします。
では、家賃を考えた物件の探し方についてですが、大事なポイントは、3つあります。
まず、一点目ですが、定職で得る収入を基本に考えること、です。
家賃は、手取りでもらう月収の3分の1、もしくは、3分の1以下の金額が妥当な家賃になります。
続いて、二点目は、家賃以外に必要な経費を確認すること、です。
部屋を借りれば、毎月の支出は家賃だけではありません。
共益費が要る物件は、家賃と一緒に共益費を支払わなければなりません。
もしかしたら、勤務先までの電車の乗り継ぎが上手くいかず、車を所有しなければならないことも。
物件を決めるときは、勤務先までの交通アクセス、所要時間、交通費を再度確認し、共益費などの費用の有無も確認しておきましょう。
最後に、三つ目ですが、マンションの近くに、コンビニエンスストア、スーパー、薬局、病院などの生活に必要最小限のものが揃っているかどうかを確認しておきましょう。
歩いて行ける距離にあるのが理想ですが、半径1キロ以内なら、許容範囲だと思います。

Copyright (C)2019 物件の選び方 All Rights Reserved.