契約する時の注意点について

新しく部屋を探すとき、気になることは何ですか?
新築物件を探す方は気にならないと思いますが、中古の賃貸物件を探すときは、以下の4点に注意されることをおすすめします。
まず、一つ目ですが、なぜ、その部屋が空いているのか?
以前に住んでいた方は、なぜ引っ越したのかについて、を不動産会社の担当者に問い合わせておきましょう。
部屋、立地、家賃などすべて条件に合った物件でも、何かしらの問題があるのではと疑ってかかるくらいの慎重さが必要なのです。
二つ目は、お隣の住人のお仕事、もしくは帰宅時間、一緒に住んでいる人数を聞いておきましょう。
昼間は静かでも、夕方から夜にかけて賑やかになり、生活音や騒音が部屋に響いてくると、おちおち寝てもいられません。
その都度、不動産会社に連絡を入れるのは、気が引ける?
でも、注意してもらわなけれなば、翌日の仕事に影響が出てしまうなんてことは避けなければなりません。
続いて三つ目ですが、駅まで徒歩数分という近距離が魅力の賃貸物件でも、もしかしたら、夜になると治安が悪くなるなんてことがあるかもしれません。
治安についても、きちんと問い合わせておきましょう。
最後に、四つ目ですが、傷害や自殺などの事故がなかったかどうかについても、聞いておきましょう。
契約時、不動産会社、もしくは、大屋さんは、何かしらの事故が遭った場合は必ず伝えなければならないという決まりがあるのですが、悪質な不動産会社になると、わざと説明しなかったのにも関わらず、言った言わないの水掛け論を展開する業者も少なくないのです。
物件を探す際は、これらのことに注意し、探すことをおすすめします。

Copyright (C)2019 物件の選び方 All Rights Reserved.