退去について

急な転勤が決まり、今住んでいる賃貸物件を退去しなければならない。
こんな時は、どこに、いつまでに連絡すれば良いのでしょうか?
誰にも迷惑をかけずに退去する場合は、1ヶ月前〜2ヶ月前が一般的です。
ほとんどの賃貸借契約書には、1〜2か月前までに連絡、書面での通知と記載されております。
ゆっくりと契約書を読んだことのない方は、時間を作り、目を通してみて下さいね。
では、続いて、退去する際は誰に連絡をするのかについてですが、これは、その賃貸物件を管理している不動産会社に連絡をします。
不動産会社が仲介していない場合は、その物件の持ち主である大屋さんに直接連絡を入れましょう。
不動産会社が管理している場合は、連絡をすれば、所定の用紙を下さるか、契約書を交わした際、契約書と一緒に解約通知書なる用紙をもらっている可能性もありますので、連絡を入れる前に確認しておくと良いと思います。
解約通知書が見つかった場合は、通知書を郵送または、持参されることをおすすめします。
不動産会社への連絡が済んだあとは、電気、ガス、水道、新聞などの各連絡先に連絡を入れ、いついつ退去するなど退去する日を伝え、停止の手続きを取ってもらいましょう。
最後は、引越し業者に見積もりを依頼し、引越し予定日を決めたあと、不動産会社、大屋さんに引越し日を伝えます。
それから、もしもですが、備えつけの電気器具などを故障・破損した場合は、その旨を正直に不動産会社に伝え修理をお願いしておくことを忘れずに。

Copyright (C)2019 物件の選び方 All Rights Reserved.